動画投稿で生活を成り立たせる人達について

動画投稿で生活を成り立たせる人達について

近年、自分で撮った動画を動画投稿サイトに投稿してその広告費で生活している人達が存在しているのをご存知でしょうか。

 

彼等は主にyoutubeなどに動画を投稿してその動画の再生された回数や再生時間によって得られる報酬を元に生活をしているのです。彼等は英語で「Youtuber」と呼ばれ、ユーチューバーという言葉で日本でもその存在が知られる様になってきました。

 

彼等動画投稿で生計を立てている人達に支払われる報酬はグーグルが運営しているyoutubeという世界最大の動画投稿サイトで動画を再生した時に表示されるバナー広告がクリックされるかもしくは動画の中で再生されるCM動画が再生されるかなどした場合に発生する「広告表示に対する報酬」なのです。広告のバナーや広告のCM動画が数多く再生され長い時間再生されればそれだけユーチューバーの報酬は多くなります。

 

現在、世界で最も動画投稿者として個人で収入を得ている人は年収が5000万円前後の人も居ると言われており、日本人でも年収が3000万円クラスの動画投稿生活者のユーチューバーの人が居ます。

 

日本人の彼はyoutubeで動画投稿を始めた当初はビートボックスという人間が機械の音の様な音を口真似で出す物真似で人気を博したのをきっかけに徐々にyoutubeでのファンを獲得してゆき現在は動画投稿だけで年収が3000万円以上あると言われています。