動画の楽しみ方は見る側から作る側へ

動画の楽しみ方は見る側から作る側へ

パソコンでの製作ツールの導入や進化により、動画を見る側から作る側になる人も増えてきました。特に、ニコニコ動画という若者に今一番受けているサイトは、一般人の作る動画をメインコンテンツの一つとしています。歌ってみた動画や、初音ミク等のボーカロイド、そしてゲーム実況動画など、作風は多種多彩で、しかもトレンドが存在し、ネタが流行るとこぞってフォロワーが生まれ盛り上がりに拍車が掛かるという構図になっています。

 

センスの良い動画投稿者が有名になり、再生数を伸ばすという結果が生まれ、中にはプロになる人も出てきています。動画はまさに文化として根付いてきており、ツールを扱うことにより知識がなくても比較的容易に作成できることが、裾野を広げたと言っても過言ではありません。

 

マニアックな世界から、ライトユーザーでも簡単に入ることができる世界になったことが大きいでしょう。海外でも動画を愛す人は多く、YouTubeが非常に根強い人気を誇ります。YouTubeでは再生数により広告費を稼いでいる人もいて、単なる暇つぶしではないシステムとクオリティを維持しているのです。動画の楽しさは、ひと目で分かる敷居の低さと奥深さで、年齢層も幅が広いことが特徴です。